about

http://www.ezorock.org/about

“ezorock”は、「社会を揺り動かす」という理念のもと、2000年に北海道の石狩市で行われた野外音楽フェスティバル「RISING SUN ROCK FESTIVALにおける環境対策活動」をきっかけに2001年4月に設立。その後、「50年後も野外で気持ちよく音楽を聞いていたい」というキャッチコピーを掲げ、活動を展開。青年層のネットワークの拡大とともに、企業や行政、商店街・町内会、各NPO等と連携し、地域で発生している課題に対して、若者のアイディアやマンパワーを届ける事業を展開。2013年4月NPO法人取得。現在は、7つのプロジェクトが、全道20を超える地域や町で、年間延べ2500人以上の若者が活動に参加している。

団 体 名
NPO法人 ezorock
設立年月
2013年4月1日
代表理事
草野 竹史
所 在 地
札幌市中央区南9条西3丁目1番7号
電話番号
011-562-0081
E-mail
info@ezorock.org
W E B
http://www.ezorock.org/
沿革・実績

2000
RISING SUN ROCK FESTIVALにおける環境対策活動がスタート
2001
前年にボランティアで参加したメンバーにより、
国際青年環境NGO A SEED JAPANの北海道チームとして”ezorock”が誕生
2002
札幌市内・近郊の大学における環境対策活動スタート
2003
自主企画イベント「nico」実施
2004
地域のお祭りにおける環境対策活動スタート
2005
コミュニティFMにてラジオ放送スタート
2006
「ezorock」から「環境NGO ezorock」に改名
市民活動スペースアウクル内に単独事務所を構え、専従スタッフをおく
2007
Earthday Ezo in 大通公園実行委員会事務局になる
見えるリサイクルをテーマとした活動、「オーガニックファーム」がスタート
2008
2050年までの北海道の理想像を共有する「Vision2050」スタート
2009
Panasonic NPOサポートファンドの助成を受け、組織の見直しに着手
2010
「ポロクル」実証実験実施
2011
事務所が一軒家に移転
「ポロクル」本格始動
震災支援「釜石チーム」発足
ふくしまキッズ北海道プログラムにおけるボランティア事務局を担う
2012
未利用材活用事業「薪プロジェクト(2013年に「プロジェクトNINOMIYA」へ改名)」スタート
レコード音楽で世代間交の機会を生み出す「RECO −レコ−」スタート
「大雪山国立公園旭岳自然保護プロジェクト」スタート
2013
NPO法人格取得